フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

音楽

2013年7月 7日 (日)

バロックコンサート

天童美術館のミュージアムコンサートでバロック音楽を堪能してきました。(行く途中についで(?!)で蔵王の御田の神湿原もちょこっと見て来ましたが、その記事はのちほど)

A1

七夕でしたが、結局山形もあまり天気が良くありませんでした。でも暑くなくて良かったかもしれません。

遠刈田在住の二組(一人はご近所さん)と会いました。結構宮城の方が多いです。

A2

とにかく音がとてもまろやかできれいでした。ビオラダガンバはチェロに似ていますがチェロよりも人の声に似た音が出ます。弦が6本もあるので、いつもどうやって弾いているのかなぁと不思議で仕方ありません。

A3

マレ作曲 「パリのサン・ジュヌヴィエーヴ・デュ・モン教会の鐘」は楽器の早い掛け合いが見事でした。ほぼ毎年楽しませていただいていますが、毎年素晴らしくなっています。

(写真撮影は演奏者の許可を頂いています)

あ、そうそう、吉野石膏コレクションの絵画も、東山魁夷や横山大観、前田青邨など素晴らしい絵が沢山ありました。

2013年6月26日 (水)

バロックコンサートのお知らせ

飲み友のバロックコンサート(もちろんプロ)がありますのでお知らせ致します。

入館料(大人400円)のみでお聴きいただけます!!

日時 7月7日 日曜日 午後3時から約1時間  自由席80席先着順、立ち聞きもOK

場所 山形県天童市 天童市美術館

    天童市老野森1-2-2      http://www3.ic-net.or.jp/~ten-bi/

当日は日本近代絵画名作展が開催されています。

Img156

Img157

バロック音楽が流れる館内で絵画を堪能するのも素敵なひとときですよwink


2013年5月10日 (金)

カフェフアJazz Concert

かなり日が経ってしまいました。5月5日はカフェフアでジャズコンサートを楽しませて頂きました。

セミプロの「Wisteria」(植物のフジ属のこと)というグループと女性ボーカルの方で親しみやすい曲のプログラムでした。

Fuacon1

2階から見ているミニーちゃんはカフェフアの奥様がお孫ちゃんに買ってあげたぬいぐるみhappy01

パーカッションの変わった楽器が面白かったです。

Fuacon2

ざざーっという波の音を出す楽器、きれいな模様がついてて、初めて見ました。





2011年7月26日 (火)

仙台フィル演奏会

23日土曜日、仙台フィルの定期演奏会に行ってきました。普段は忙しくて直前まで予定が立たず、なかなか行けなかったのですが、ここのところやや暇(^_^;) それと生死を分かつような一大災害のあと、生きているんだったら少しは自分のために楽しまなきゃ、という気持ちが強くなり、むさぼるように音楽を聴きたくなっています(音楽したく・・・と書きたいところですが、自分では思うように演奏できないので)。

思い立ったのが遅かったので、席はおもいっきり前!! Mちゃんのま正面で見つかりゃしないかとヒヤヒヤ。やっぱりほぼ満席でした。

最初はマーラーの「リュッケルトの詩による5つの歌曲」歌はあんまり聴かないのですが、メゾソプラノだし、マーラーだから大丈夫coldsweats01。それに思いっきり前席だったので、直撃は回避、譜面台の上を無事通過していきました。最後の曲は交響曲5番を思わせる美しい旋律でした。

メインはマーラーの「交響曲第五番 嬰ハ短調」これがとにかく生で聴きたかったんです。CDは3オケ持っていて聞き込んでいる好きな曲でした。

1楽章、2楽章のイメージ 葬送行進曲~嵐

Sky

3楽章 スケルツォ、牧歌的なイメージ

Mountain

4楽章、5楽章 耽美(天界?)~明るい勝利

Sky_2

4楽章は映画「ヴェニスに死す」の最後のシーンで大変印象的に使われています。

みなさん定期演奏会の再開をとても喜んでいて、団員みんなが喜びに溢れていたようでした。最後に前席の方がカレンダーで作った手作り感満載の「本拠地復活おめでとう」の横断幕を掲げて、山下指揮者がこれを受け取り大喝采を浴びていました。

私の隣の初老の紳士も涙ぐんで「ヨカッタネ、ヨカッタネ」と喜んでいました。

初老の紳士と一緒にしばらく余韻に浸ってから、ホールを出ると団員の方々のお見送り、MちゃんとKちゃんにご挨拶することができました。

次の演奏会もすでにチケットを買っちゃいました。息子と一緒に午後の部を聴きに行きます。こちらは特別演奏会でお手軽価格なので、お時間のある方は是非どうぞ。

Dsc07833









2011年7月18日 (月)

マイタウンコンサート

土曜日に震災の修復後はじめての岩沼市民会館のコンサートがありました。

Dsc07795

岩沼市民会館の横には仮設住宅が完成しており、仮住まいの方々がみなさん招待されていました。コンサート前にはロビーコンサートが行われました。曲は青葉城恋歌など。コンサート会場は撮影できませんので、ロビーコンサートの様子だけwink
Dsc07793

今日のコンサート、最初の曲はチャイコフスキーの「モーツァルティアーナ」。これは原曲モーツァルトの「アヴェベルムコルプス」をチャイコフスキーがオーケストラ用に編曲したものです。私が高校の時からとても好きな曲です。

「処女マリアよりお生まれたまいし御体よ。民のため犠牲となって十字架の上で真の苦しみを受け、その脇腹から血と水を流し給いしお方。我らの臨終の試練を知らせ給え。優しきイエスよ、慈悲深きイエスよ。」

Agarden2_2
(Yちゃん宅のきれいなガーデンでお楽しみ下さい)

市民会館からほど近い海沿いの地域で多くの方がお亡くなりになりました。多くの方々の魂を癒すような祈りの言葉のような曲でした。

2曲目はメンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト、ヴァイオリンはお若い長尾春花さん、とても緻密な丁寧な演奏でした。全楽章アタッカで入ったのでオーケストラも大変そうでした。拍手が入ると大変coldsweats02と思ったのかな? 2楽章は泣けますねぇcrying

Agarden1

(Yちゃん宅のきれいなお庭とおうちとララちゃんでお楽しみ下さい)

休憩を挟んで、第2部はポピュラーなサウンドオブミュージックやクルミ割人形などの曲でした。アンコールを2曲も用意していただいて、マーチは観客も一緒に手拍子して盛り上がりました。

Anoriutsugi

パフクマさんにもご挨拶できて(震災後初)お元気そうで良かったconfident

震災後の仙台トラストシティーの復興コンサート(弦楽合奏)で、指揮者の山下氏が「私たち音楽家は呼吸をするように音楽していて、音楽がないと生きていけない。」とおっしゃっていましたが、仙台フィルの演奏を聴くとまさにその通りだと実感しました。

聞き始めるとずるずると芋づる式に聞きたくなってきました。今度の定期演奏会もできれば行きたいなぁ・・・・7月22,23日はマーラーの5番だそうです。





2010年11月 3日 (水)

バロックコンサートin青葉荘教会

前日、強風で家が揺れ寝不足だったのですが、友人のYちゃんと一緒に仙台市のNHK近くにある青葉荘教会で催された、リコーダー、ビオラ・ダ・ガンバ、チェンバロの演奏会に行ってきました(11月2日)。(ナント!お招きですheart04Tちゃんありがとうhappy01)

とてもきれいな教会でした。

Member

「フランスバロックの愉しみ」

ルイ14世時代の、ジャック・オトテール「ル・ロマン」組曲、

ルイ15世時代の、ニコラ・シェドヴィル「忠実な羊飼い」よりソナタ4番など

(シェドヴィルはこの曲をヴィヴァルディとして発表したんだそうです。聞けばなるほどナットク。偽作を作っていたんですね。でも、とても楽しい曲です。)

ガンバの曲、マラン・マレのヴィオール曲集5巻より、もありました。ガンバの旋律が美しい。

Organ

教会の2階にはパイプオルガンもありました。音色を聞いてみたいですね。

演奏会が終わってからYちゃんのお友達に手作りのお菓子をいただきました。お店みたいにきれいに包装してあって、説明までついていました。Yちゃんが甘く煮たハックルベリーをあげたら、ハロウィンのカボチャも使ってパウンドケーキを焼いたとのこと。こんなに美味しくできるなんて、びっくりです。

Cake

今度我が家からも何かあげたら作ってくれないかなーcoldsweats01

2010年7月19日 (月)

ミニコンサート♪

利尻礼文の報告途中ですが、旅行に行く前に仙台フィルのパフクマさんにお知らせメールを頂いていたミニコンサートに行ってきました。

場所は仙台の東北電力ビルグリーンプラザです。

Kumacon1

オール シューマン プログラムで、レアものは弦楽四重奏、生演奏を聴けるのは滅多にないとのこと。渋いけれど魅力的でまた聴きたくなる曲でした。

交響曲2番と3番は、フルオケを管弦楽八重奏にアレンジしてあるのですが、このアレンジがなかなかいいです。

(演奏中は撮れないので、おじぎの写真coldsweats01)開場時間の5分後に着いたのですが、もう後方の埋没する席でした。すごい人気ですね。立ち聴き(?)の方もいらっしゃいました。

Kumacon2

シューマンはピアノ曲「子供の情景」が好きで練習していましたが、こんなに素敵な弦楽四重奏曲があるとは知りませんでした。

パフクマさん、ありがとうheart04  ちょっとピアノ以外のシューマンにもはまりそうな感じです。

2010年6月28日 (月)

バロックコンサート

土曜日の午後は山形県天童市美術館で古楽器のコンサートがありました。

バイオリン独奏でバッハの「無伴奏パルティータ・シャコンヌ」(超難曲coldsweats02)

ソプラノの歌手によるヘンデルの「私の魂は見ながらにして聴く」うっとりconfident

Balok1

最後はバッハ「オーボエとバイオリンのための協奏曲ハ短調」などもりだくさんでした。

Balok2

最後の曲は大好きなので、もう一回聴きたいくらいでした。(無理ですよね、オーボエの人が倒れてしまう・・・coldsweats01)

去年は演奏者の正面に座ったら、逆光だったので写真の人物が全部暗くなってしまいました。ので、今年は席を取っておいてくれた友と一緒に横に陣取りました。

歌詞カードによると「見ながらにして聴く」というのは「聴いてごらん。華やかな春の自然が語りかけてくる。」という、「美しさ」という眼にみえるものを通して神様が語りかけてくるのを聴くことが出来る、という意味だそうです。

自然の中に暮らしていると、そういった言葉が自然に体の中に入っていくようでした。

Ibukitoranoo

我が家の自然美、イブキトラノオ (Bistorta major var. japonica)

きれいに咲きましたheart04

2009年7月11日 (土)

バロックコンサートに行ってきました

Tendobarock コンサートは天童市美術館のロビーで行われ、開演時には200人の聴衆だったそうで、立ち見も沢山になりました。左からヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ、バロック・ヴァイオリン、バロック・オーボエです。特にバロック・ヴァイオリンの小池さんの演奏は素晴らしく、ソロ曲も聞き惚れてしまいました。

コンサート後の宴会(うちの近所です)にお誘いを受けましたので、ほいほいと行ってきました。

Enkai 奥様(イタリアのフィレンツェに数年在住)のイタリアンつまみ、どれも大変美味でしたhappy01 宴会でワインを頂くのは2年ぶりくらいです。左手前は蔵王チーズ工場のパン、その隣のレモンが載っているのはホッキ貝のカルパッチョ、イワシのマリネもあります。パンにはバジルとニンニクが入ったクリームチーズやレバーペーストをつけて。向こう側に見えている黒オリーブが載った赤っぽいのはいろいろな野菜をみじん切りにしてトマトと煮込んだ「カポナータ」という料理です。

Kogi 奥様の妹さんのコーギー犬、「ボクもちょうだい!!」

Nekokaidan 奥様が飼っているネコちゃん達も階段の踊り場で宴会です。

楽器の話、子供の話で盛り上がり、久しぶりに楽しいひとときでした。

2009年7月 6日 (月)

バロックコンサート・イン・天童

来る7月11日土曜日、山形県天童市の天童市美術館(http://www3.ic-net.or.jp/~ten-bi/)でバロック音楽美術館コンサートが開催されます。料金は入館料大人500円のみ。会場は美術館エントランスで、開演は午後3時です。館内にも音が流れてくる場所があるので、当日開かれている「さとうわきこ絵本原画展」を見ながらでもオッケー。メンバーはもちろんプロのバロック楽器奏者(私の近所の飲み友達もいます) 私はたぶん2時くらいには行っています。昨年は再発の手術入院中だったので参加できませんでしたから、今年は絶対行くぞ!!

たった500円で一流のバロック音楽を聴くチャンスです! お暇と足のある方は是非どうぞ。Img048

Img051