フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

植物

2013年7月 8日 (月)

梅雨の御田の神湿原

天童美術館の七夕バロックコンサートに行くついでに(?)わざわざエコーラインを遠回りして、御田の神湿原に行きました。この日は峠付近が濃霧でした。お釜リフトの駐車場に停めて500m下ると湿原の入り口があります。駐車場から近い手前(1枚目写真だと左側から入っている路)から入ると木道の間にぐちゃぐちゃの道が結構長くあるので長靴が必要です。

A1

雨は降っていないのですが、濃霧のため雨具のフードがあっても髪の毛が濡れました。カメラは雨具の中に隠して撮影時だけ出しました。

A3

御田の神湿原もコバイケイソウが豊作heart04

A4

ふわふわのワタスゲもいいけど、濃霧に浮かび上がる濡れたワタスゲは銀河shineのようです。

さすがに誰も歩いていないので、この幻想的な風景を贅沢にも独り占めlovelyうふふ。日曜日ですよ。

A5

ウラジロヨウラクに水滴が付いて可愛らしい。

A6
チングルマは毛の車になってます。

A7

薄いピンク色のトキソウが沢山咲いていました。ここのトキソウはあまり花びらが開かないタイプのようです。でもヤマトキソウほどではないので南蔵王のは両者の中間タイプではないかと言う人もいます。

A8

湿原ではなく道路沿いでベニバナイチヤクソウも咲いていました。なかなか可愛いです。










2013年6月22日 (土)

梅雨の小国

B7

いつも見に行く川はおりからの雨で増水していました。ゼンマイが生えている斜面も今日は音を立てて水が流れています。

Aさん宅の濡れ縁ではマタタビ編物の講義がはじまりました。

B1

我々は植物の観察に・・

用水路脇にはミゾカクシ、繁茂(o^^o)

B2

ギョウジャニンニク畑ではナルコユリやシオデも・・・あ、食べられる植物ばかりだ(^_^;)

B4

天ぷらにいいギョウジャニンニクの花

B3

クガイソウも咲き始め

B5

涼しいと言うより寒い・・・

B6












2013年6月16日 (日)

蔵王の花追加♪

我が家の庭・・と言うわけではないけれど、近所のお散歩コースといったところでしょうか。街と比べれば思いっきり不便で店も病院も遠いけれど、そのかわり両手一杯の山の自然がすぐそばにある♪

ヒナザクラとチングルマのコラボ、再び(o^^o)

C1

まだ早いかと思ったタテヤマリンドウが一部で咲き始めてました。

C2

タケシマラン、控えめだけどきれい。

C3

コヨウラクは赤い☆のように輝いています。

C4

ハイマツのマツボックリ、全部大きくなるつもり? 色はもう今年熟すことを示している。

C5

ミツバオウレンは葉っぱがまだ可愛らしい。(円く大きく見えているのはマイヅルソウの葉っぱです)

C6

ムラサキヤシオツツジはやっぱり目を惹きますね。

C7
時間がなくて御田の神に行けなかったので、また行ってしまうでしょう。今度は早朝にしようかな?













2013年6月15日 (土)

昼飯前の散歩

ブロ友のお花記事に誘惑されましたcoldsweats01。刈田峠に散歩に行ってきました。

ライブカメラで晴れているのを確認(今は便利ですね)、エコーラインの途中はずーーーっと霧で視界が悪かったのですが大黒天過ぎたあたりから急に視界が開けてきました。

駐車スペースからすぐの所にはハクサンチドリ(今回なぜかピンボケばかり(+_+))とノビネチドリが咲き始めています。

写真はノビネチドリ

A1

登山道を行くとすぐに残雪がお出迎えです。

B1

イワナシ、懐かしいなぁ。

A2

ベニバナイチゴは咲き始めでした。

A3

最初の小さい湿原では

チングルマがだいぶ咲き進んできました。

B2


チングルマの花

A4

今回一番写真が撮りたかったヒナザクラ

B3

昼ご飯までまだ時間がありそう、もう少し、もう少しと前山方面へ。

刈田岳方向をのぞむ

B4

山に来るとなぜか体が軽くなる~??



2013年6月 6日 (木)

ミズバショウの森(その他の花)

6月のミズバショウの森(そしてドウダンの森)はコバイケイソウだけでなく様々な花が咲いています。

結構大きいのよ、ヤグルマソウ、今年はこの花はちょっと少ない。

Am7

ギンリョウソウが落ち葉の中でなく積まれた丸太の間から顔を出していました。

Am4

もちろんサラサドウダンも沢山ありますが、こちらは今年花が少ないです。

Am3

こちらはとても目立たない

トリガタハンショウヅル、茂みの枝の下に控えめに花を着けていました。

Am6

そしてこちらはササバギンラン。普通のギンランに比べると上の方の葉(ほんとは包らしい)が花の先端と同じか少し長い。

Am5

木の白い花はカマツカ、夏には赤い実がなります。

Am12

実はコバイケイソウついでに、お目当てのほかの腐生植物を見つけたかったのですが、見られませんでした。










2013年6月 4日 (火)

コバイケイソウが満開

ブロ友aoikesiさんの記事でコバイケイソウの豊作を読んで、いてもたってもいられず・・・ご近所のぺこさんを半分強引に引っ張って、行って参りましたよ、「白石市ミズバショウの森&ドウダンの森」

Am1

ふわー!! 白い妖精が大勢舞い降りてました。

湿原の奥まで咲いています。

Am8

Am9

コバイケイソウ、上から見ると十字のかたち。

Am2

つぼみ(o^^o)

Am10

ちょっと美味しそう・・・と言ってましたが、全草毒なので注意、注意(+_+)




2013年5月31日 (金)

我が庭の花

次々と花が咲くので写真が間に合いません、嬉しい悲鳴です。畑もつくらなくちゃ、雑草狩りもしなくちゃ・・・いやいやその前にお仕事の「タネの表面薄片」も作らねば(^_^;)・・・あ!!バイオリンの練習もしなくちゃ。

ヒメイチゲ、今年もナントカ咲きました。ちっちゃくて可愛い。

Hime

鉢植えにして、消えないといいのですが、ちょっと弱々しいかなcoldsweats02

こちらは地植えのポレモニニウム(ハナシノブの仲間)淡いブルーがお気に入りです。

Pole

シロヤマブキは写真でも眩しい~!!白

Yama

タネでがんがん増えています。なんとかしなくちゃ。

お気に入りコーナー、オレンジ色のレンゲツツジと黄色いセンダイハギ、そして伸びすぎたコゴミ。

Senhagi

黄色いレンゲツツジはこの写真を撮ったあとに咲いています。ウスバシロチョウ(?)が毎日来ています。

オマケ

ヒルクライムの時に足下に沢山咲いていたのは

ホタルカズラ、森の中の青い☆ですね。

Hota



2013年5月29日 (水)

チシマキンバイ咲いた♪

ご近所のYちゃんから「チシマキンバイ咲いたよ~♪見に来て!!」との連絡がありまして見に行きました。

タネは3年前にレブンウスユキソウ群落を見に行った礼文島で購入した物で、3人で分けたのですが、我が家のは撒いたプランターと違う場所に1株だけ成長し、Yちゃんも撒いた鉢ではなく砂利道の所に出た2株を大事に守り抜き、もう一人のところではとうとう芽が出ませんでした。なんと気むずかしいヤツなんでしょ。

Yちゃんの砂利上のチシマキンバイです。

A1
おおー、見事に沢山花を着けているlovely

A2

色濃くてきれいだわ~。

ちなみに我が家のはこんなんです(^_^;)

A3

葉は沢山あるんだけど、なんだか色薄いしあまり開いていない。湿気が多かった??それとも日照時間が足りないのかな。

あー、今から砂利に移そうかな、弱るかしら・・・

Yちゃんの所では早々とバラが咲いています。冬の間テラスルーム(?)ま、とにかくガラス張りの中に入っていたので早く咲きました。

A5

壁もおしゃれになっています。

A4

楽器装飾のデザイナーさんだけあってセンス抜群heart04
新入りのネコさんもおしゃれ

A6


A7

ローンデージーが☆みたいだね。











2013年5月11日 (土)

小国の春その2♪♪

カタクリを満喫した後はAさんのお宅に寄って植物を見る予定が、ものすごい雷雨に!!wobbly

それでAさんが作った編かごなどを見せて頂きました。Sさんは編そ製品に興味があるのでとても喜んでいました。Aさんはひとつひとつ丁寧に材質や編むこつなどお話ししてくれました。そうしているうちに雨が上がってきたので、Aさんの畠(というか林)へ。

Ab2
川に至る斜面にエゾエンゴサク、キクザキイチゲなどと一緒に沢山の「赤コゴミ(アブラコゴミ)」が生えていました。

Aさん「伸びすぎるから全部採ってけ~」と沢山採りました。

エゾエンゴサクきれいな青ですlovely

Ab1
AさんLoveのゼンマイはまだまだこれからでした。

Ab3

でも毛でモフモフで可愛い。

そして・・・これは畠と呼ぶべきかどうか???

みっちりのギョウジャニンニクです。

Ab4_2

花が咲いた後タネを採ってぱらーりぱらーりと撒き続けたところこのようになってしまったとのことでしたcoldsweats01

たくさん採って、この後刻んでお醤油と混ぜて頂きました。少々匂いますが、大変美味しかったです。

赤コゴミも沢山頂いて帰ってから写真に撮りました。

Ak1

山形では普通のコゴミ(クサソテツ)より好きな方もいるそうです。ゆでて食べてみたらちょっとワラビに似てる感じもするなぁ??それでかな?

一本コゴミと言って、株から1本しか出ないらしく、山で沢山採るのは大変だそうです。

拡大して見たら胞子がもうできていた!

Ak2
もしかしてこれ撒いたら我が家にも生えてくるでしょうか??青コゴミみたいにそうそううまくはいかないかな。まだ胞子が青いから無理でしょうけど。




2013年5月10日 (金)

小国の春♪

小国クリ林の方から「カタクリが満開近いから見においで」というメールをいただきましたので、今回は後輩のSさんと一緒に行ってきました。

小国町に向かう途中の国道113号線沿いも残雪があちらこちらにありましたが、小国はまだまだ雪がいっぱい。

Kn1

いつもの調査クリ林より下段のクリを広く伐採した場所はカタクリで埋め尽くされていました。小国のAさんは「去年より少ないけど」と言いますが、それでも足の踏み場に困るcoldsweats01

Kn2
そして年々数が多くなっているのが白花。

Kn3

芯が赤い白花はとうとう見つかりませんでしたが、今年はピンク色も沢山咲いていました。ピンク色とのコラボheart04

Kn4

そして今年は赤みが強い花も3株くらい見つけました。枯れかけではなくて咲いたばかりでこの色でした。

Kn5

周囲のミチノクエンゴサクも花が沢山ついて元気でした。

Kn6

寒くて咲いている花の種類は少なかったけど、花数は多くてきれいですlovely











より以前の記事一覧