フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

天文

2012年5月21日 (月)

部分日蝕

予約投稿で着々とこなしていますが、割り込み投稿です。

たまたま仕事をさぼって(^_^;)家にいたので日蝕を撮影できました。自作のフィルターつきソニーαで望遠300mmです。以前にも部分日蝕で試したので(このときは銀塩カメラ)大体具合はわかっていたのですが、あまり真似はしない方がいいです、ちゃんと日蝕撮影用フィルターを用意した方がいいと思います。

7時15分 早朝は晴れていたのになんと厚い雲が!! あわてて薄いフィルターに変えたり四苦八苦しました。

715

7時28分 あーん、時々太陽が見えなくなります。
728

7時38分 雲の合間から覗く太陽を狙って撮影

738
7時46分 大体最大くらいではないかな。

746

本当は茨城の漆畑にトラップ設置の手伝いに行く予定だったのですが、ネネ様の具合がきわめて悪く、標高ダンナも「お手伝いが沢山来てくれるから大丈夫」ということでお留守番しています。

Nene2

ネネ様はだいぶ前から食が細くなり、数日前からとうとう水しか飲まなくなってしまいました。それでも次男君が来ていた昨日には庭に出て一緒に散歩したりします。腰はヨロヨロです。何も食べていないのでだるそうですが、そのかわりどこも痛まない様子で今の方が楽そうです。人間で言えば90位ではないかと。若いときから数回死にそうになってそのたびに回復してきました。ずいぶん長生きしました。







2011年12月15日 (木)

双子座流星群(撮影失敗(>_<))

14日から15日にかけての夜中、双子座流星群の極大でした。満月に近い月はこうこうと照っていたものの運良くこの日はほとんど雲もなく、絶好の観測日和。

でも寒いので南側の窓から眺めていると、12時半頃には結構な数の流星が!!

まどから見える空の面積はおそらく全天の1割以下と思われますが、それでも20分で5個流れた!!なかなかの数です。

でもいざ撮影となると(魚眼どころか広角レンズすら持っていないので)レンズをどこに向けたらいいのか・・・何枚か撮りましたが、肉眼では見えても写ってない(>_<)たぶん画面に入ってないんだと思います。

というわけで、せめて図解を。

我が家の南の窓から見える空です。流星放射点の双子座はこの時間ちょうど天頂でした。

Star

寒いのを我慢して外で見たらきっとすごかったでしょうね。

でも睡魔に負けて1時で寝てしまいました。(なんと、ベッドが南窓脇にぴったりくっついているのでカーテン開けておくと布団に入りながらにして天体観測ができるのです。贅沢だぁ!)

でもその状態で見ているつもりで実はすっかり寝てしまいました。

以前のペルセウス座流星群の時も極大予想日より前の日の方が多く流れていたので、予想とずれることがあり、今日も期待したのですが、チョット雲が多いです。

ちなみに、オリオン座のベテルギウスは変光星と言って明るさが変化する星として知られていましたが、最近になっていまにも超新星爆発を起こす可能性がある恒星と言うことがわかっているそうです。いまにも、というのは明日かもしれないし数年先かもしれない。

もっとも今爆発の光が見えたとして、爆発はすでに640年前なんですけどね。

2010年10月10日 (日)

小惑星探査機「はやぶさ」

10月10日 日曜日、東北大学片平キャンパスの新研究棟で小惑星探査機「はやぶさ」の実物大模型展示を見てきました。

Haya0

最終日で混み合っていましたが、この日は直接東北大地質学の中村智樹准教授のお話が聞けました。やはり展示を見るだけでなくご本人からお話を伺う方がわかりやすく面白いですね。

Haya1

目指したのは片平キャンパスよりも小さい小惑星「イトカワ」。2年かけて到達し、自分で判断しながらイトカワに着陸して惑星表面の物質採取を試みたのです。表面にぶつけるはずの弾は発射できなかったのですが、はやぶさの機体の一部がぶつかったことによって粉塵が舞い上がり、採取用カプセルに吸い込まれ、16ミクロンくらいの微少な粉が採取できたのです。

Haya2

その後、通信途絶やエンジン停止などトラブルに見舞われましたが、4年半かけて今年の6月に無事帰還を果たしたのです。

Haya3

最後の大気圏突入時に太陽光パネルや外枠は燃え尽きてしまいましたが、カプセルが入った本体は無事にオーストラリアに落下しました。

うんと小さな惑星に近づくこともスゴイのに、自分で危険を判断しながら着陸、サンプル採取できるなんて本当に凄いです。はやぶさを作って成功させた東北大の地質学と工学部も凄い。

と思ったら、今日テレビで東北大工学部の新交通手段エアロトレインとう凄い研究を見ました。

どちらの先生も「上手く行かなくてもあきらめちゃだめ」

これって病気にも通じるものがあるかもcoldsweats01

がんばれ!東北大。