フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

災害

2012年4月26日 (木)

線量計を入手

みんなはもう解決したと思っているかもしれない、未解決事案、福島第一原発事故。

昨年のような派手な爆発は無いと思われるものの、まだ油断できない状況ではあります。

なんて理屈をつけましたが、

よーするにウチはちょっとだけ計測機器マニアなのであります(手持ちの風速計やGPSなどいろいろアリ)。

だがしかし数十万円もする機器はさすがに趣味でも買えないので、安価で比較的計測値が安定しているという線量計「エステーのエアカウンターS」を購入しました。仙台のヨドバシで5700円。

Dsc05098

検出器はシリコン半導体、最小計測値は0.05μシーベルト、計測誤差は±20%と結構ザツではあります。おもちゃです。

早川氏のブログには13万円の「クリアパルス」との比較値が掲載されています。コレによると2分でほぼ計測値が安定し、その後サインカーブに似た変動でクリアパルスより0.2~0.6くらい高い値が出るようです(ただし測定は燐灰ウラン石で1μシーベルト前後の時)。
まあまあ使えそうなのでこれから計りまくります。とりあえず福大も行くので、可能だったら福大の先生の線量計とも比較してみたいです。

我が家ではほとんど0.1以下、雨水が落ちる場所でも低く、ススキ野原でもっと低かった。なにしろヤーコンで高い数値が出たので、ホットスポットがあるのかどうか、調べてみないと。

2012年4月16日 (月)

暴風~復活!

4月4日の続きです。晩にあまり調理しなくてもいい材料を買いに・・・(暗闇の調理は大変)

遠刈田温泉街あたりもすごいことになっていました。たぶんそれでもだいぶ片付けたのではないでしょうか。

物置が歩き出してます(^_^;)。

Bofu1

通りの右側の家も、隙間に風が吹き抜けたのか、壁が落ちているところもありました。

Bofu2

ここは一瞬何があったか思い出せなかったのですが、そういえばプレハブの産直売り場があったのでした。翌日にはだいぶ片付けられていました。

友の家も一人では持てないような重い煙突のカバーが10m以上飛ばされたり、白石の知人宅周辺では屋根が飛ばされたり建物の一部も一緒に飛ばされたりした家もあったようです。

4月12日、1週間以上たってようやく電話線をつなぎに来てくれました。

Bofu3

電話線はかなりの場所で切断されているそうです。ここは本線が生きていたのでまだ早い方なのかもcoldsweats02

翌13日はまた凄い風でしたが、6時間吹いてぴたっと止みました。午後から倒れた木の伐採に来ました。でも柱はまだとうぶん直せないようです。

Bofu4

午前中の風でまた桜の枝が折られたのですが可哀想なので家の中で水にさしました。

落ちたつぼみはまだ固い。様子を見てみると・・・

Bsakura

はぁ~、こりゃとうぶん咲きそうにないなぁ。










2012年4月14日 (土)

暴風~復旧!!

4日未明から大変な暴風でした。

朝4時くらいに停電(と同時に電話線も切れたらしい)

そして吹雪で窓は真っ白になり、外の様子もうかがえません。風の塊がくるたびに窓ガラスが大きく膨れて、こわい(>_<)

昼頃にやっと少しおさまってきて、ふつうの強風になりました。風が落ち着いてから車で出ていつものよろずやに寄ってみると、温泉街は停電になっていないとのことでした。「でも自宅の電話線は切れたよ(@_@)」

以下、我が地区の様子です。

ここはうちじゃないのですが、木が倒れて電柱が数本倒されています。

Bofuna1

チーズ工場のバラ園、通り沿いはぐちゃぐちゃに!! でも直すの早かったです。

Bofuna2

ハートランドの体験館、屋根が一部剥がれ、窓が2箇所割れて、部屋の中もなにか天井からぶら下がっていました。せっかく震災以降直して連休からオープンなのにcoldsweats02

Bofuna3

ハートランドの松林が鉛筆みたいになってました。結構太いマツなんですよ・・・

Bofuna4
近所の馬小屋にマツの枝が折れて落ちて屋根を壊して、またそのあと暴風でさらに屋根が剥がれたようです。

ポニーちゃん、大丈夫だったかなぁ。

Bofuna5
下も様子を見に行くと、折れた電柱を直していました。

なんと真ん中からポッキリ折れています!

Denchu1

我が地区から白石市に至る途中でも数本の電柱が折れていると言うことでした。
この日は震災以来また暗い夜で、キャンドルライトで晩ご飯を食べました。

Candle

夕飯はカセットガスで鍋、ランプは震災後「花工房にこる」で買ったのですが、結構明るくていいです。でもまさか約1年後にこんなことで役に立つとはcatface

災害だけどちょっと雰囲気良いから、ま、いいか。

つぎに続く・・・・
















2011年9月18日 (日)

いまだ続く閉塞感

あれから半年。

本来ならばもう少し復旧が進んでいてもいいはずなのに、少なくなっていく報道量とは裏腹に現地では遅々として進まない、そして未だに続く何とも言えぬ閉塞感。

震災にくわえて本来被らなくても良かったはずの原発被害、そして無政策からくる復旧の遅れによるものです。

群馬大の火山学者が放射能汚染地図を公開しています(いまさらですが(^_^;))。

早川由起夫の火山ブログhttp://kipuka.blog70.fc2.com/

放射能汚染地図の記事 http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-397.html

原発からは距離がある遠隔地の高濃度汚染のデータ公開で苦情を申し立て、目を背けようとした自治体もあり、この顛末に関する記事も書かれています。そう言えば事故直後知人が依頼されて計測したデータを「どうか公開を待って」と頼んできた福島県の某市町村長がいました(かなりの高濃度で現在は避難完了区域になっています)。隠蔽がのちにどんなに大きな罪を生むのかも知らずに。

前例がないため、この放射能濃度による健康被害は専門家でも意見が分かれるところです。加速的に健康被害が増加すると言う人もいればたいしたことはないと言う人もいる。もしかしたらあんまり神経質になる必要は無いのかもしれない。でも日本の将来をになう子供達にはなるべくリスクを背負って欲しくないです。

早川氏によると、関東の山の汚染がひどいようです。霧降高原や塩原、玉原など、私には思い出深い場所が汚されてしまいました。

今頃になって美しくソライロアサガオ(aoikesiさんに頂いた種のコドモ)が咲いています。

Blue1

午後になってしぼみ始めた花もきれいです。

Blue2_3

みるみるうちに色が変わっていきます。

Blue3_2


花の中で夕暮れを見ているようです。

ゲンノショウコの種もはじけ始めました。

Bgen4_2

人間の騒動をよそに自然はその営みを淡々と続けていきます。

2011年8月 2日 (火)

原発被害

福島県に続き、宮城県の牛肉が全面出荷停止になりました。宮城県南の白石・蔵王の知り合いの畜産農家は、早期から放射能による牧草汚染を想定しており、自前で牧草を育てている農家の多くは刈り取って包んだあと畑にそのまま保管してあります。もちろん場所と採草年月日をきちんと記入して。

だからこのあたりの酪農家は早期の全頭検査を望んでいます。自分たちのエサの管理には自信を持っているから、早く検査して安全宣言して食べてもらいたいのです。

Grass

近所の畑の牧草、右は5月、左は7月に刈り取ったもの。何事もなければこのまま美味しい牧草ロール(ロールベールサイレージ)になっていたのにweep

近くにはひっそりとヒマワリ畑も。ヒマワリは放射性物質を沢山吸収するそうです。畑の除染対策??

Himawari

県北は放射性物質の拡散予測図でもほとんど飛散していないと想定されていましたので、まさか牧草から放射性セシウムが出るなんて思いも寄らなかったでしょう。今日はついに酪農王国の岩手県も出荷停止に!!岩手県では青天の霹靂でしょう。もっと早期から先手を打って対策し、周知徹底すれば防げた被害なのに、なぜ日本政府はあらゆる対策が後手後手なのでしょう。

ところで南西の方角の茨城や千葉、お茶から放射性物質が検出された静岡などは大丈夫なのかなぁ?? 静岡は安全宣言をするために測定をしたのに、高い放射性物質が検出されてしまって慌てたそうです。初期には測定した企業に公表を控えて欲しいと頼んだとか。こういう事実がのちに明るみに出るので、またまた不信感をあおってしまうのですね。

2011年4月23日 (土)

温泉宿泊ボランティア第2弾

亘理町の温泉宿泊ボランティア第2弾です。aoikesiさんからの情報です。

***********************************

温泉宿に滞在するボランティア@宮城県亘理郡 Vol.2のお知らせです
前回の温泉宿「だいこんの花」宿泊ボランティアに続く第2弾は「ゆと森倶楽部」が舞台です。
テントに宿泊はどうも・・・という方におすすめです。
遠刈田温泉の「ゆと森倶楽部」に宿泊しながら、津波被害がひどかった亘理に通ってのボランティア活動です。
今回は自家用車をお持ちの方のみの参加となりますが、5月1日から亘理では県外者の受け入れを当分中止するそうです。
ゆと森倶楽部から亘理までは車で1時間ほどです。
詳しい内容は↓をクリックしてください。
温泉宿に滞在するボランティア@宮城県亘理郡 Vol.2
(zaomiyagiさん、まっつんさんからの情報です)

**************************************

山元町は防潮堤の破壊などで地震や津波の再来のときに安全確保が確実でないため県外者の募集はしていないそうです。

写真は我が家に最近毎日飛来しているお気楽そうなカワラヒワです。

Photo

震災後は食料も少なくなったりしていろいろなものを食べましたが、我が家は山用品の中から古いカンパン缶を見つけました。なんと12年前の製造です。でも缶を振ったら乾燥したいい音がしています。

息子が来たときにおそるおそる開けて食べてみたら・・・ナント美味しい(@_@)!!氷砂糖もまったくそのまま。カンパンはゴマが入ったタイプで、下手なそこらへんのビスケットより美味しいのです。

おそるべし!カンパン!

で、お隣の奥さんにメールしたら「うちも2年前に賞味期限が切れたアルファ米食べたよ、結構食べられたし、ぜーんぜん平気よ!!」

みんな結構いろんなもの食べているな、おそるべし。

2011年4月12日 (火)

ボランティア募集(だいこんの花)終了しました

以下の募集は定員に達し終了しました。沢山の方のご協力ありがとうございました。m(_ _)m

なお、亘理町では通常のボランティア(県内、県外とも)は引き続き受け付けているとのことです。よろしくお願いします。

宮城県外の方で宿泊してボランティアに参加したいという方向けの情報(aoikesiさんから)です。

---------

県外からもテント持参で大勢の方がいらしているようです。

ボランティアしたいけどテントはどうも・・・と言う県外の人に!

遠刈田温泉の「だいこんの花」さんで宿泊付きでボランティアを募集しています。
「だいこんの花」はいつも横目で通り過ぎる遠刈田温泉一の高級温泉宿です。
詳しくは↓をクリックしてください。

温泉宿に滞在するボランティア@宮城県亘理郡亘理町
 →
http://ideapad.jp/ba0e4399/view/

-------------

詳細はホームページで。現在の作業はおもに家の泥掻きと掃除のようです。

aoikesiさんの旦那様は日帰りで参加なさっているそうです。私は力仕事ができないので残念ながら参加できません。隣の地区に石巻のボランティアに行ってらっしゃる方がいらして(こちらはうささんのご紹介)、細かい要望(防寒着、靴など)に沿った支援物資をお渡ししました。何でもいいから送るのではなくて、それぞれの避難所で不足している品が違う、とのことでした。少しでもお役に立てるといいのですが。

昨日も大きな余震がありましたね。あの緊急地震速報、心臓に悪いなぁ。どきっとします。

地震のときに落ちた拍子にバラバラになってしまったスコア、取り上げようとしたらバッハの「主よ! 人の望みの喜びよ!」でした。いかなる時も希望を捨ててはいけないですね。

Shuyo

あっ、練習しなくちゃ! ・・・だがしかし、楽譜はいずこ??

2011年4月 8日 (金)

嗚呼!地震狂騒曲は続く

永遠に続くかと思われたガソリン狂騒曲は突如月曜日に終焉を迎えました。土曜日の朝も早くから並んだ知人はがっくり(^^;)。結局我が家は騒ぎの最中、一度だけ早起きして3000円入れただけで済みました。

7日には仙台の知人が訪ねてきて「やっと水が出てガスが通ったと思ったら風呂が壊れていた!」ということでいろいろな温泉めぐりをしているとのことでした。石巻の知人は出張で北海道に行くために仙台空港に車をとめていたそうで・・・あのまとめられてしまった車の群れの中に彼の車があるそうです。ご家族は無事で自宅はほとんど被害はなかったのですが、石巻にあった車も水没したとのことで2台ともダメになってしまったとか。ご近所の親類にも海沿いに住んでいる方が多く、ほとんどは避難が間に合って無事だったが家はぐちゃぐちゃか流されてしまった方が多いです。中には地震が起きて停電、機械も壊れたのでとりあえず自宅待機になり、翌朝出社したら会社の建物も何も無くなっていた方も・・・でも助かって良かった。

ご近所の方の親類と、私の山元町の知人がいまだに安否がわかりません(避難者名簿も何回も見直したのですが・・・)。自宅付近と思われる写真がありましたが、建物は皆無・・・言葉もありません。無事を祈るしかありません、もしかしたら親類か知人宅に避難しているかも。

余震もだいぶおさまってきて、やれやれ、と思った矢先に、夜中の強震でした。私はまだ起きていましたが、ダンナは呑んで寝たばかりだったので最初はねぼけていました。床に重ねた本がまたご丁寧に倒れ、せっかく戻した枕や布団が納戸の棚から落ち、ディスプレイがまた落ちました(ガクシュウしない奴め!!)

我が家は停電しませんでしたが、仙台の息子からは「大丈夫だけどまた停電だ!」のメールが。それでも朝には復旧したそうです。

まだまだ寝るときにパジャマに着替えられそうにありませんね。今夜も服を着たまま寝ます。

ネネ様「騒がなくてもふかふか布団に挟まっていれば大丈夫よんheart04

Eqnene

自然には逆らえません。私たちは地球上の単なる1種の生き物にすぎません。地球のくしゃみにはただただ怯えて、時がすぎるのを待つしかないのです。だめなら住処を変える以外に方法はありません。長い間私たちはそうしてきたのです。

2011年4月 1日 (金)

我が町にも被害

ガソリンは朝6時から遠刈田のスタンドに並んで3000円分手に入れたのですが、ハイオクのほうが少なくなってきました。今日は灯油を探しがてら村田インターまで行ってみました。途中のスタンドにも聞いて廻りましたがハイオクは無し。蔵王病院の周辺はずいぶん被害がありました。

農協の前、壁が落ちて、マンホールが50cm以上浮き上がっています。液状化現象です。道の反対側は水田ですが、このあたりも湿地だったと思われます。

Michi1

ああっ、草木染め工房が無くなっていますweep。倒れかけたのかもしれません。作業の方ががれきを片付けている最中でした。隣の古い郵便さんもガラスが全部割れてスカスカでした。お怪我をされた方がいないといいのですが・・・

Michi2

病院の手前のマンホールも浮き上がって、道もでこぼこになっていました。このあたりは液状化がひどかったようです。入り口にロープを張っている建物がいくつもありました。

Michi3

結局ハイオクは無くて、灯油36リットルと食べ物、ダンナの酒を調達して帰りました。

夕方、訪ねてきた人がありました。

なんとhappy02Dr.Tacchumi とうささん夫妻です。

京都から救援物資を持ってきてくれました。もちろん我が家のためだけではなく、ご両親とご親戚を心配して来られたのです。高速はスムーズだったようで、磐梯で給油してきたとのこと、だいぶ良くなっているようでした。

遠いところを・・大感謝ですcrying

鮎の甘露煮、うるめいわし(?)、いろんなパン(パン食いたいって騒いだから(^^;))heart04

赤い包みは龍人さんからなんと「ふな寿司」です。なんと贅沢な。龍人さん大感謝ですcrying

Kyoto

ちなみに我がバーサンからの救援物資も届きました(「クロネコのお兄ちゃんに聞いたら届くって言うから」って)。

コーヒー、紅茶、パン、何故かゴディバのチョコ

Baa

だって通販で買っていたの、まだ取り扱いがないんですcoldsweats01。紅茶が切れると禁断症状がぁ・・・

電話くれるヒトみんなに「パン食いたい!!」と言いまくったのでパンが大集合。しばらくは美味しいパンが食べられます。

2011年3月18日 (金)

今後どうなるの?

ご心配頂いたshibataさん、ララさん、うささん、凜さん、zeroさん、ムーミンママさん、仙台の熊さん、ありがとうございます。

励ましを頂いた横浜の川田さん(お隣さんにお伝えしました)、うささん、shibataさん、kawazukiyoshiさん、姉さん、ナントカ頑張って生きています。

相変わらずガソリンは手に入らないらしく、我々夫婦はほとんど動いていません。昨日の夕方から電気が通じたことでぼちぼち温泉が再開され始めました。我が家の暖房機と給湯器は壊れてしまったようなので、今日はバーデン家のお湯に入りに行きました。ちょうど1週間ぶりのお風呂です。暖かかったぁhappy01

今日から「バーデン家荘ほう(300円で9時から5時まで、シャワーはまだ使えない)」と公衆温泉「神の湯」は開いているそうです。

温泉街のお店を廻ったところ、数件の食堂が開いており、よろづやには野菜は比較的沢山あり、お隣さんの分も買っていきました。豆腐は昼過ぎで売り切れてしまったとのことでした。

ところで山なのに、我が家の水道が出なくなってしまいました。町に聞いたところ、電気がついたことでみんなが一斉に使って一気に水位が下がったのではないかということでしたが???

あらためて水の貴重さがわかりますが、このまま出ないようであれば、もしかしたら相次ぐ余震などでパイプ破損!!とか、水系が変わったのではないかと心配になってしまいます。今日はとりあえず上の方にあげようと思って汲んでおいた20リットルくらいのポリタンクがあるのでそれを使うことにします。お隣に畑管の水が出るのですが、最初なのでまだ泥の混じった水でした。トイレにはそれを使うことにしました。

・・と書いていたら、お隣の奥さんから「水出たよ!」のメールがcatface

でも念のためまた風呂とポリタンクに水を補給しておきます。信じないもんね。

それにしてもこの辺は公共交通機関もなく、何を調達するにも車が要ります。

あとはガソリンだな~。お隣さんが今日大河原の4号線沿いスタンドで運転手のいない車の列を見たそうです。「故障」と書いた張り紙があったそうで。並んでいてもガソリンなくなって歩いて帰ったのでしょうか。スタンドに車の墓場ができちゃうよ!! どうしてくれるの!!

ガソリンくれ~!!