フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

民俗

2013年1月15日 (火)

大雪のどんと祭

正月の行事が立て続けですね。遠刈田では昼間は「ちゃせご」という子供達が各家をまわってお菓子をもらえる行事がありました。さらにここで初めて体験したのが、33歳の厄にあたる娘さんがいる家で厄落としに紅白餅を配る日。私は買い物に出て偶然2軒から頂きました。(中身は餅の代わりにイチゴ大福と豆大福、美味しかったぁ(^。^))

今日は大雪になりました。

01
イルミトナカイ、「もう腹いっぱい」

温泉街の刈田峯神社も雪の中です。

02

でも今日はどんと祭だから知り合いが沢山いました。昼間に餅をもらったKさんも(o^^o)

03
雪があるとなんかあったか~い感じ。

毎度、カエルこまいぬ、今日は雪の布団に包まれて。

04
「だから、カエルじゃないってば」

05

いつもの遠刈田温泉街も雪の中、別の街のように見えます。

06

雪があると明るいなぁ。











2012年11月 4日 (日)

椎葉村焼き畑

福井から新幹線を乗り継いで熊本入りし、翌日宮崎県椎葉村へ入りました。椎葉村の中心までも結構な山道が続きました。

まずは昼食、椎葉村のおそばです。ソバの味ばっちり、干し椎茸出汁で美味でした。変わったお盆に乗っています。

Machi1
Machi2

高下駄をはいています(^_^;)

ここで熊本チームと合流して椎葉村芸能民俗資料館へ。

Machi3

ここからさらに山奥に入った椎葉(間違えた)不土野という地区の焼き畑見学をすることになっているので、ここの展示で焼き畑のスケジュールや概要などをあらかじめ学習しました。祭事の道具なども面白いのが沢山あります。山の一番上は神社になっていて、境内でお相撲の地方巡業が開かれていました。

Machi4
若いお相撲さんを撮ったらなんと花田弟親方が写っていました(@_@)。

資料館の後は鶴富屋敷という昔の大きな家を見学しました。今回同行の一人のご先祖様のおうちでした(@_@)。びっくり続きです。

Machi5

ここから奥はほとんど車1台の幅でくねくねした山道が続きます。今日宿泊する椎葉さんという民宿「焼畑」のご主人が生業として(つまり観光目的ではない)行っている焼き畑の斜面を案内してくれます。

こちらはソバと菜っ葉の畑、切り株はそのままにして焼いてから、まだ温かいうちに種を蒔くそうです。昔は枝を落とすだけだったので、棒のような木が立つ間に穀類を育てたそうです。

Yaki3

数年経った場所はタラノキが繁茂していました。この光景は宮城県の山火事の跡地でも見たことがあります。ほかにも山火事後と同じようにアカメガシワやイヌザンショウ、ヤマウルシ、ヤブムラサキなんかが生えてきていました。

Yaki4

もう一箇所、ヒエやアワなどの雑穀を育てている場所も案内して頂きました。

Yaki5

手前はすでに刈り取ったあとなので雑草地のようです。モチアワやヒエ、キビがありました。同行者の分類の先生によるとここのヒエはちょっとイヌビエと混じっているかもしれないとのことでした。

村の集会所を借りて学習会をしていたらもう真っ暗になりました。

















2012年1月15日 (日)

刈田嶺神社どんと焼き

宮城のどんと焼きは14日が多いです。関西方面は11日、標高ダンナのふるさと高松も鏡開きと同日らしい。

遠刈田温泉では同じ日に「ちゃせご」という子供の行事があります(買い物の時に通過しただけなので写真はありませんが)。で、夕方の温泉街は子供だらけでした。なんかいつもより多いな??と思ったら、別荘地などに避難してきている子供達もお誘いを受けたようです。お菓子をいっぱいもらえるのでヨカッタネ。

かつては東北の様々な場所でおこなわれていた「ちゃせご」。徐々に行われなくなってきました。蔵王では「子供が物乞いのような行為をするのはいかがなものか」ということで2年くらい中止されたときがあったようです。まったく文化を理解していないおバカな大人達の言うことをそのまま鵜呑みにするほうがいかがなものか。

夕方、「あきの方からちゃせごにきした」と言いながら子供が厄年の家をまわって歩き、厄年の家ではお料理やお菓子を子供に差し出すことによって厄を回避する、ということらしいです。「あき」は福の神のいらっしゃる方角のこと、すなわち子供は福の神の化身なのです。

現在では厄の家だけではなく知り合いなどの家や店を回って歩きます。普段は閑散とした温泉街でも、沢山の子供が歩いているとなんだか活気があるようでいいですね。いつも買い物に行くキムラヤにも子供が群がってたcoldsweats01沢山くれそうだものね。

刈田嶺神社は人が少ないので7時半くらいにならないとどんと焼きの火がつきません。今年は8時前に行きました。

Dont1

そうしたらもうスゴイ火が上がっています。

Dont0

おみくじ売り場の隣では甘酒を配っています。標高ダンナは甘すぎるからと言ってパス。

Dont2

狭いところで大きい火なので管理が大変。そばを通るとスゴイ熱さ。

Bdont_2

拝殿の周りは静かです。まぁ、人口が少ないからねcatface

Dont6

カエル狛犬も元気?!

Dont3

近所のKさんが消防団で火の番をしていたのでご挨拶してすこしおしゃべりしました。

Dont4_3

Dont5_2

今年は平安でありますように。